NEXWAY
ヨリヨク仲間サイトはこちら
ヨリヨク仲間募集中

Web動画番組表

経腸栄養における積極的な血糖コントロールを目指して

脳血管障害後遺症や認知症患者では、運動療法が困難、低血糖などの自覚症状の訴えが困難、厳密な食事管理が必要などの様々な問題がある。
中でも中長期的な経腸栄養管理が必要な患者において、健常人と異なった血糖日内変動パターンをとる特徴があり、持続血糖測定を行うと、想像以上の高血糖や、危険な低血糖が認められる。
本講演では血糖コントロールを行う上での臨床的疑問の検証結果を、症例を踏まえて紹介したい。

  • 会員限定
  • 疾患
  • オンデマンド
  • 2018年9月

経腸栄養における積極的な血糖コントロールを目指して

  • 日 時
    2018年9月10日(月)~12月31日(月)
    座長
    山本 拓史  先生
    (順天堂大学医学部付属静岡病院脳神経外科科長)
    演者
    西脇 伸二  先生
    (JA岐阜厚生連 西美濃厚生病院 院長)

脳血管障害後遺症や認知症患者では、運動療法が困難、低血糖などの自覚症状の訴えが困難、厳密な食事管理が必要などの様々な問題がある。
中でも中長期的な経腸栄養管理が必要な患者において、健常人と異なった血糖日内変動パターンをとる特徴があり、持続血糖測定を行うと、想像以上の高血糖や、危険な低血糖が認められる。
本講演では血糖コントロールを行う上での臨床的疑問の検証結果を、症例を踏まえて紹介したい。

その他のセミナー

ページTOPへ戻る

おまとめ便事務局 株式会社ネクスウェイ