NEXWAY
ヨリヨク仲間サイトはこちら
ヨリヨク仲間募集中

Web動画番組表

外来がん化学療法の現状と、薬薬連携の取り組み

患者のための薬局ビジョンが策定され、薬局および薬剤師には服薬情報を一元的かつ継続的に把握する薬学的管理・指導などが必要となります。
特に抗がん剤については、専門機関と連携し、副作用対応などの高度薬学管理機能への対応が求められています。
そこで今回のWebセミナーでは、抗がん剤に着目し『外来がん化学療法の現状と、薬薬連携の取り組み』と題して、それぞれの立場での患者との関わりについてご講演いただきます。

  • 疾患
  • アーカイブ動画
  • 2017年10月

外来がん化学療法の現状と、薬薬連携の取り組み

  • 演者
    九州大学大学院 医学研究院 連携病態修復内科学講座 准教授
    草場 仁志 先生
    演者
    九州大学病院 薬剤部 槇原 洋子 先生
    演者
    大賀薬局九大病院東門前店 店長・管理薬剤師 汐待 加織 先生

患者のための薬局ビジョンが策定され、薬局および薬剤師には服薬情報を一元的かつ継続的に把握する薬学的管理・指導などが必要となります。
特に抗がん剤については、専門機関と連携し、副作用対応などの高度薬学管理機能への対応が求められています。
そこで今回のWebセミナーでは、抗がん剤に着目し『外来がん化学療法の現状と、薬薬連携の取り組み』と題して、それぞれの立場での患者との関わりについてご講演いただきます。

その他のセミナー

ページTOPへ戻る

おまとめ便事務局 株式会社ネクスウェイ