NEXWAY
ヨリヨク仲間サイトはこちら
ヨリヨク仲間募集中

Web動画番組表

CTCLに対する放射線療法

講演1 
皮膚T細胞リンパ腫、特に菌状息肉症を中心としたindolentなリンパ腫の治療戦略では、如何にして副作用の少ない治療で病勢のコントロールを行うかが重要である。放射線治療は比較的副作用が少なく、QOLに関わる潰瘍を伴う腫瘤や浸潤局面を制御できる有用な治療法である。実際の症例を交えて、当院における放射線治療の位置付けについて述べる。

講演2
リンパ腫は放射線感受性が高い疾患であり、CTCLにおいても放射線治療は有用である。特に局所的放射線治療では、大きな負担なく高い治療効果を得ることができる。当院で用いている単回電子線照射を中心に、当院における放射線治療の実際を述べる。

  • 会員限定
  • オンデマンド
  • 2017年8月

CTCLに対する放射線療法

  • 日 時
    2017年8月30日(水)
    19:00~19:50
    演者
    講演1 東京大学 医学部附属病院 皮膚科 講師 宮垣朝光 先生
    演者
    講演2 東京大学 医学部附属病院 放射線科 助教 大熊加惠 先生

講演1 
皮膚T細胞リンパ腫、特に菌状息肉症を中心としたindolentなリンパ腫の治療戦略では、如何にして副作用の少ない治療で病勢のコントロールを行うかが重要である。放射線治療は比較的副作用が少なく、QOLに関わる潰瘍を伴う腫瘤や浸潤局面を制御できる有用な治療法である。実際の症例を交えて、当院における放射線治療の位置付けについて述べる。

講演2
リンパ腫は放射線感受性が高い疾患であり、CTCLにおいても放射線治療は有用である。特に局所的放射線治療では、大きな負担なく高い治療効果を得ることができる。当院で用いている単回電子線照射を中心に、当院における放射線治療の実際を述べる。

その他のセミナー

ページTOPへ戻る

おまとめ便事務局 株式会社ネクスウェイ